会社のミーティングルームに観葉植物いっぱい

大切なお客様との商談に、営業部の経営会議、企画商品の施策ディスカッション‥。
社内スタッフでのミーティングから、クライアント様との信頼関係を築く濃厚な時間まで、幅広い用途と従業員が行きかう会議室。
和気あいあいと進む日もあれば、緊張感のある空気に包まれることもしばしば。
そんなミーティングルームに取り入れて欲しいのは、高品質のフェイクグリーンで作る「グリーンいっぱいの癒し空間」。
目に優しいグリーンは、癒し効果絶大。スタッフのストレスの軽減や視覚疲労の緩和、
社内コミュニケーションの活性化など、仕事の効率を上げるための手段として、大変注目されています。
たくさんのグリーンで囲まれたミーティングルームがあったら、同じ打ち合わせをするのでも、気持ちが全然違う気がしませんか?
煮詰まったときも上手に切り替えて、ちょっとハードルの高い商談も上手に進めることができるかもしれません。
企画内容のブラッシュアップ、問題解決への糸口など、スタッフ同士の意見交換も活発にスムーズに進行しそうです。
自宅と違いオフィス緑化としてグリーンを社内のあちこちにたくさん飾る場合には、
本物の植物ももちろん素敵なのですが、高品質でメンテンナンスが楽ちんのフェイクグリーンがおすすめ。
コスト面だけでなく、最小限のお手入れ(葉っぱの埃を払う、葉や茎の向きを整える等)で美しい状態をキープできるので、スタッフの負担軽減にもつながります。爽やかなグリーンいっぱいの会議室。そんな空間をイメージするだけで、なんだかワクワクしませんか?

心地よい境界線 グリーンのテーブルパーテーション

テーブルセンターに設置したフェイクグリーン、テーブルパーテションの一例です。
写真の一例は、爽やかなハツユキソウやローズマリーをセットしたナチュラル系グリーン。
月例の業務報告や進捗状況・達成計画等の報告など、手元の資料やPCを各自が操作しながら会議を行う際におすすめ。
目線を遮らない高さで、相手との意思疎通・会話をスムーズに行いながら、一定の距離(ソーシャルディスタンス)を保てますよ。
ちょっと目線のやり場に困ったとき(そんなときもきっとありますよね!)などにも、グリーンが目の前にあると好都合かもしれません。
写真で使用しているミーティングテーブルでは背の低いLowタイプの植物を3つ並べて配置しましたが、机の大きさによって、背の高いHighタイプを組み合わて、動きと変化をプラスしても良いでしょう。
パーテショングリーンの植物は全部で3種類ご用意しています。明るい葉が誰にでも愛される定番植物のポトス×タマシダ、個性的な葉がその場を楽しくしてくれるカラジウム×クッカバラ、おしゃれ度がアップするナチュラル系ハツユキソウ×ローズマリーと、オフィスの雰囲気に合わせてお好みのものをお選びください。

緑がいっぱいが気持ちよい プランターグリーンたち

季節や気分で植物の組み合わせを変えたり、置く場所をさっと変えたり自由度が高いフェイクグリーンのプランター商品(インナーポット)。
ミーティングルームでは、打ち合わせ内容や人数によって、テーブルの数や配置をその都度変える場合がありますよね。
そんなとき、本物の観葉植物だと重量があり一人で動かすのも一苦労ですが、軽量のフェイクグリーンのプランターなら、そんな移動も楽々できます。(複数置いていたらなおさら!)
スラっとすっきりした足元が魅力のスタイリッシュなガルバプランターは、おしゃれ度が高い上に持ち運びがしやすいのが特徴。プランターが中に入っていても移動がスムーズにできます。
ガルバ―プランターの使い方も様々。一例では壁面に沿わせていますが、ワンフロア内で仕切り(境界線)として使用したり、サイズ違いの2種類(S・M)を並べて飾ったりもできます。ガルバプランターの植物は、観葉植物の定番ポトスやアイビー、アジアンタムなどを単体で使用した1植物タイプから、数種類の植物を組み合わせたミックスタイプ、植物の高低差をつけてメリハリをつけた大型タイプをご用意しています。お色もオフィス空間に馴染みやすい、落ち着いた風合いのグレーとベージュの2色ございます。
見た目と機能性、どちらも兼ね備えた、おしゃれなパーテーショングリーンで、ぜひコーディネートしてみてください。

大きな空間に大事な存在 シンボルツリー

会議室の中にたくさん散りばめたフェイクグリーン。そこをピシッと引き締めるのがシンボルツリーとなる大型の観葉植物の存在です。サイズの大きい観葉植物(シンボルツリー)は、室内に入った際に目が行きやすく、全体の雰囲気を印象づける重要なポジション。
写真の一例で使用している植物は、プリマオリジナルの人工観葉植物マグノリアリーフ。現代のベンジャミンとも言える、万能で定番スタイルの観葉植物で、プリマ一押しの大型フェイクグリーンです。主張しすぎず控えめ過ぎず、どんな場所にも馴染みやすいのが特徴です。
爽やかな丸い葉は新緑のような明るい緑色。 シルエットが美しい伸びやかな枝は、ゴツゴツした木肌まで丁寧に再現しています。とてもリアルなので、本物のグリーンと見間違われしまう方もいるかもしれません。
スラっと背の高い観葉植物は、上部の解放感を強調することができるので、空間に広がりを持たせてくれますよ。
可愛らしさもあってぱっと目線がいくマグノリアリーフは、他の植物と喧嘩せず飽きがこない、そんな部分もおすすめポイントです。
窓が少なく外気が入りにくい、日当たりが良くない(または良すぎる)、エアコンの風があたってしまう‥そんなミーティングルームにいかがでしょうか

大きさの強弱と植物の形の違いを楽しんで!

自由度の高いフェイクグリーンですが、より素敵に楽しむ方法をご紹介します。
1種類(1鉢)だけで飾っても、もちろん素敵なフェイクグリーンの観葉植物ですが、おしゃれに見える飾り方の一つ目のポイントは「高低差をつけて強弱をつける」こと。
もし、2種類(2鉢)あるけれど大きさ(高さ)はあまり変わらない場合には、チェストや花台、椅子などに乗せて高低差を作ってあげてください。
高低差を作ることで立体的に仕上がり、空間に動きとリズムを与えてくれます。
おしゃれに見える飾り方の二つ目のポイントは「葉っぱの形の違いがある植物を選ぶ」こと。
いくらサイズに強弱があっても全く同じ植物を2個並べて置くのは、あまりお勧めできません。(育てるのが大好きな園芸コーナーになってしまいます!)
おしゃれに見えるように観葉植物を置きたいなら、葉っぱや茎の形の違いを楽しんで、ぜひ違う植物を並べてみましょう。
お互いの良さがそれぞれ引き立ち、1種類で飾ったとき良いも何倍にも素敵に見えますよ。

鉢カバーもこだわって もっとグリーンをおしゃれに

インテリアとしての存在感抜群!おしゃれな空間づくりのおすすめなのが、プランター専用の鉢カバーです。
長くずっと楽しめるフェイクグリーンですが、植物は同じでも、鉢カバーを変えるだけで空間の雰囲気は様変わり。
ちょっとマンネリ化してきたな‥と思ったら、さっとお洋服をチェンジ!季節に合わせて衣替えしてあげるような気持ちでいつでもフレッシュに、グリーン空間を楽しんでみませんか?
「手間をかけず」「場所を選ばず」「視覚的に植物を楽しめる」フェイクグリーンだからこそ、鉢カバーにもこだわってワンランク上のシーンを演出してみてください。
鉢カバーはレザーポットからウッドスタンド、陶器にジュートバスケットなど素材も形も多数ご用意しています。
シンプルな植物をカッコよく着飾り、グリーンいっぱいの会議室で、気持ちよくお仕事ができますように。

関連記事