ABOUT

アーティフィシャルフラワー・フェイクグリーンとは?

アーティフィシャルフラワーとは?

アーティフィシャルフラワーとは、生花をリアルに再現した高品質な造花のことです。 (アートフラワー、シルクフラワー、フェイクフラワーとも呼ばれています。) 素材はポリエステルが一般的でその他ポリエチレンやウレタンなども使用されています。

アーティフィシャルフラワーの歴史

アーティフィシャルフラワーはもともとシルク〈絹〉で作られ、「シルクフラワー」と呼ばれていました。その昔、中国でシルク〈絹〉を使った造花を高級工芸品として皇帝に献上していたことがその名の由来だといわれています。 美しい盛りの姿をとどめた、永遠に枯れない〈絹の花〉は、中国の皇帝たちが憧れ、追い求め続けた「不老不死」の象徴として、意味のある贈り物だったのかもしれません。 「シルクフラワー」という呼び名もその後「アートフラワー」や「フェイクフラワー」などと呼ばれ、 近年「アーティフィシャルフラワー」へと名称が統一されました。

アーティフィシャルフラワー・フェイクグリーンのメリット

生花のように枯れることがないため、美しいまま長期的に飾っていただけます。 また、生花では必要となる日々のお手入れ・水やりなどが不要なので、忙しいかたや留守がちなかたにとっても気軽に取り入れることができます。

アーティフィシャルフラワー・フェイクグリーンはこんな方に特におすすめ
  • 留守にしがちで頻繁なお手入れが難しい
  • オフィスや店舗に置きたいのでお手入れは面倒
  • 日当たりが悪い・または良すぎる、直接当たりすぎる
  • 大きく育ちすぎると飾る場所に困る
  • 虫が出るのが心配
  • 花粉や匂いが苦手
  • 衛生面が心配な病院などに置きたい
  • エアコンの風が直接当たる場所に飾りたい
プリマのアーティフィシャルフラワー・フェイクグリーンとは

プリマでは、製品開発からアレンジメント製作までを自社で行うことにより、他社には表現できない品質と、デザイン性を実現しました。 「アーティフィシャルフラワー・フェイクグリーン」の特性である季節を選ばないベーシックなスタイリングを中心に、日本独特の四季に合わせた製品開発を行ない、日本人の価値観に合う「花・緑のある暮らし」を提案しています。